ショートカットキー

Modified: 2012/12/19 16:21 by millo - Categorized as: Japanese
SMath Studioで組み込まれているショートカットキーは、次の通りです。(リストは不完全です)

Edit

挿入

キー内容
"テキスト領域を挿入します
単位を挿入します
平方根を挿入します
el()関数-添字を挿入します
]  ライン(コードブロック)を挿入します
.変数のリテラル添字、関数、ユニット名
^べき乗演算子に上げます
!階乗
%- / + (マイナスプラス)
&ブール演算子ANDを挿入します
|ブール演算子ORを挿入します
~ブール演算子NOTを挿入します
@2Dプロットを挿入します
Ctrl+.方程式のシンボリック計算します
Ctrl+=ブール演算子イコールを挿入します
Ctrl+\n乗根を挿入します
Ctrl+g文字に続けて入力すると、ギリシャ文字(シンボルパレット)となります
Ctrl+M行列を挿入します
Ctrl+E関数ダイアログボックスを挿入します
Ctrl+W単位ダイアログボックスを挿入します
Ctrl+Tブランク画像を挿入します
Ctrl+0ブール演算子>=を挿入します
Ctrl+1転置行列を挿入します
Ctrl+3ブール演算子≠を挿入します
Ctrl+8ベクトル乗算演算子を挿入します
Ctrl+9ブール演算子<=を挿入します
Ctrl+Enter,
Shift+Enter
テキスト領域に行を追加します
Ctrl+Shift+P円周率パイ(3.1415...)を挿入します
Ctrl+Shift+Z∞を挿入します

Edit

編集

キー内容
Ctrl+Z変更を取り消します(Undo)
Ctrl+Y変更をやり直します(Redo)
Ctrl+X切り取ります(Cut)
Ctrl+C,
Ctrl+Insert
コピー(Copy)
Ctrl+V,
Shift+Insert
ペースト(Paste)
Ctrl+A全てのページ·コントロール/コントロール内の全てを選択(カーソル位置に依存します)を選択します
Home, EndテキストあるいはMathコントロール内で先頭または末尾にカーソルを移動します
Ctrl+Bテキストをボールド(太字)とします
Ctrl+Iテキストを斜体とします
Ctrl+Uテキストに下線を付けます
F8複数の変数、関数、単位名を変更します

Edit

標準

キー内容
Ctrl+N新規ページを作成します
Ctrl+F4現在のページを閉じます
Ctrl+P現在のページを印刷します
Ctrl+Oファイルオープンダイアログを表示します
Ctrl+S現在のページを保存します
F9ページを再計算します

Edit

ダイナミックアシスタンス (Auto-Completion)

キー内容
TAB,
Ctrl+Enter,
Shift+Enter,
DoubleClick
選択された変数/関数名でオートコンプリートします
Ctrl+spaceオートコンプリートメニューが表示されている場合、それ以外の場合は手動でダイナミックアシスタンスをアクティブとします
*+Enterスマートフォン用

Edit

その他

ギリシャ文字のキー入力
キー内容
a入力後、Ctrl+G' (Alpha)
b入力後、Ctrl+G' (Beta)
g入力後、Ctrl+G' (Gamma)
d入力後、Ctrl+G' (Delta)
e入力後、Ctrl+G' (Epsilon)
z入力後、Ctrl+G' (Zeta)
h入力後、Ctrl+G' (Eta)
q入力後、Ctrl+G' (Theta)
i入力後、Ctrl+G' (Iota)
k入力後、Ctrl+G' (Kappa)
l入力後、Ctrl+G' (Lambda)
m入力後、Ctrl+G' (Mu)
n入力後、Ctrl+G' (Nu)
x入力後、Ctrl+G' (Xi)
o入力後、Ctrl+G'ο' (Omicron)
p入力後、Ctrl+G' (Pi)
r入力後、Ctrl+G' (Rho)
s入力後、Ctrl+G' (Sigma)
t入力後、Ctrl+G' (Tau)
u入力後、Ctrl+G' (Upsilon)
f入力後、Ctrl+G' (Phi)
c入力後、Ctrl+G' (Chi)
y入力後、Ctrl+G' (Psi)
w入力後、Ctrl+G'ω'' (Omega)
大文字ギリシャ文字も同様。

ScrewTurn Wiki version 2.0.37. Some of the icons created by FamFamFam.